研究・開発 研究・開発
  • 研究・開発について
  • 研究・開発内容
  • 産学官連携
  • 研究会について
研究・開発について
E-mailでのお問い合わせ営業所のご案内R&Dセンターへのアクセスについて
用語集

研究会について

帝人ナカシマメディカルでは日本のみならず、時には海外の大学や病院から工学(力学、加工、材料系など)・生物系・化学系・医学系など様々な分野の研究者や医師を集め、2つの研究会を開催してきました。研究機関-民間企業-医療機関が一体となって取り組むことでニーズとシーズのマッチングを容易にし、迅速かつ効率的に意義の高い、革新的な医療を提供することを目指しております。これら研究会はそれぞれ3ヶ月に1度開催されており、両研究会とも102回を終了しています。(合計204回)(2014年6月現在)

写真
人工関節の機能高度化研究会(1995年〜)

この研究会では、バイオマテリアルに関する研究を中心とし、さらには生産・加工技術、デザイン(構造やコンセプト)、臨床評価など多角的に物事を追求し先進的なインプラントの開発を目指しています。ビタミンEを混合したUHMWPEの 「BLEND-E®」や、骨との親和性を向上させる「GRAPE® Technology」は当該研究会の成果です。近年では再生医療に関するテーマにも取り組んでおります。

知能化医療システム研究会(1997年〜)

この研究会では「手術支援」「遠隔医療」をテーマとし、正確かつ迅速な手術を行うための医療機器開発を通じて医療システムの構築を目指しています。手術時に骨の正確な位置や角度情報を計測し表示するナビゲーションシステムなどの開発を行っています。

主な参加機関

医学系研究機関
(大学)
旭川医科大学、大阪大学、岡山大学、吉備国際大学、千葉大学、東邦大学、日本大学 他(50音順)
工学・化学・生物系研究機関
(大学)
大阪大学、岡山大学、岡山理科大学、九州大学、 京都大学、上智大学、千葉大学、東京大学、同志社大学、徳山工業高等専門学校、 名古屋大学、北海道大学、山口大学 他(50音順)
国立・民間研究所
岡山県工業技術センター、国立医薬品食品衛生研究所、産業技術総合研究所、農業生物資源研究所、理化学研究所 他(50音順)
行政機関
岡山県関連、経済産業省関連、厚生労働省関連 他
民間企業
キャノンマシナリー、コアテック、島津製作所、瑞穂医科工業、日本ステントテクノロジー、 日立化成工業 他(50音順)
研究会にご興味のあるかたは問い合わせフォームよりお問い合わせください。
このページのトップに戻る