研究・開発 研究・開発
  • 研究・開発について
  • 研究・開発内容
  • 研究・開発の内容
  • 業績一覧
  • 産学官連携
研究・開発について
E-mailでのお問い合わせ営業所のご案内R&Dセンターへのアクセスについて
用語集

研究・開発の内容

帝人ナカシマメディカルでは、バイオマテリアル、ものづくり(製造技術)、医療システムなどをテーマとして、「患者(様)の満足度の高い人工関節手術」を提供することを目的とした、「パーソナライズドインプラントの実現」を目指して研究開発を行っています。
バイオマテリアル分野においては、生体との結合能・親和性を向上させる材料の開発や、人工関節の耐久性を向上させる研究開発、ものづくり分野では、人工関節の複雑形状の精度向上と低コスト化を達成すると同時に人工関節の高機能化を実現する技術開発を行ってきました。
さらに、医療システム分野では術前プランニングシステムやナビゲーションにより、従来よりも高精度かつ高効率な手術が実現できるシステムの構築を目指しています。

骨細胞の応力環境での働きに融合する
異方性孔構造設計

人工関節表面近傍のミクロな形態を制御することにより質の高い骨組織を誘導します。

化学的に骨組織と融合する
チタン金属の表面結晶構造と空間設計

GRAPE(R) Technology:空間デザインと熱酸化がチタンに自発的なアパタイト形成能を与えます。

生体為害成分を含まない生体融合性
Ti-15Zr-4Nb-4Ta合金の創製

Ti-15Zr-4Nb-4Ta生体に優しい元素から構成されるチタン合金を創製します。

人工関節の積層造形プロセスの確立

3次元:CADデータから任意形状の人工関節や多孔体などを直接造形します。

化学的に骨組織と融合する
生体活性骨セメントの材料設計

Si-OH基とCa2+を分子レベルで導入した生体活性骨セメントは骨と直接結合します。

生体内環境に融合する
抗酸化ビタミンE添加摺動部材の創製

UHMWPEへのビタミンEの添加がデラミネーション破壊と摩擦粉によるオステオライシスを抑制します。

複雑な曲面形状表面の平滑化と
表面改質の同時加工プロセスの確立

大面積電子ビーム照射法によりインプラントの平滑化と表面改質を実現します。

低コスト化を実現する
摺動部材研磨プロセスの確立

ウォータジェットによるナノオーダー研磨技術により人工関節の摺動面摩耗を低減します。

人工関節の機械的特性評価

各種規格・基準に基づく整形インプラントの検証や妥当性確認の活動が実施可能な研究体制です。

3次元骨形状・アライメントを考慮した
手術プランニングソフトウェア

医用画像を使用した骨形状の高速3次元再構成技術による人工膝関節用電子テンプレートです。

人工関節の設計技術と
それを用いた生産システムの構築

医用画像による3次元骨CADモデルの幾何学的パラメータによる設計と検証フィードバックします。

このページのトップに戻る